転職する理由

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

転職する人の割合はとても増えています。特にWebエンジニア系の職種だとその割合はとても高くなっています。
転職する理由は様々ありますが、最も多い理由として、給料が上がらない、自分の働きが正当に評価されない、仕事の評価基準が曖昧、という主に、仕事の評価に対する不満があげられます。さらに、次に多いのが、勤務時間が長く、就労環境が悪いという理由があげられます。
特にWebエンジニア系だと、残業時間がとても長く、月100時間を超えることもざらではないとか。そんな会社はほんとブラック企業といってよいと思います。
よく最近の若者はすぐ転職するといわれますが、こうして転職する理由をみると、正当な理由のようにも思います。給料も上がらず、正当な評価もされず、勤務時間が長い会社なんて、ほんと働きがいをなくしてしまいます。
もしあなたが転職を考えているようでしたら、大手の転職エージェントを使って転職活動するのではなく、職種を限定しているエージェントを利用して転職活動をした方がよさそうです。例えば、Webエンジニアなら、Webエンジニア 転職支援サービスがあるので、そちらを使って転職活動をすすめることで、好条件の求人がみつかる可能性も広がります。